ちょっとした連休に近場でバカンス~魅惑のセブ島

あまり日本人を見かけず近場でバカンスできるセブ島旅行の魅力解説

セブ島行ったら人気のマリンスポーツをエンジョイ

2016年09月18日 16時06分

日本から近く、手軽にリゾートバカンスを楽しむのにぴったりなセブ島。アジア方面の旅行でも近年ぐっと人気が高まってきました。

セブ島での楽しみ方は様々で、ショッピングやゴルフ、グルメなどが揃っていますが、海に囲まれた場所だけにマリンスポーツだけは外せません。ジェットスキーやパラセイリング、カタマランは日本に比べて手軽にできますし、周辺には数多くのダイブスポットもあります。

国内や海外からも多くのダイバーがやってくる島では思い切ってダイビングライセンスを取得することも可能ですし、もう少し気軽に海を楽しみたいならシュノーケリングも負けず劣らずのアクティビティでしょう。南国らしく、温暖な海には目を奪われるようなカラフルな魚や珊瑚があちこちで見られます。リゾートからすぐ砂浜に出られるところなら、マスクとフィンをつけてすぐにシュノーケリングをスタート。

また、ダイブショップなどボートを持っている場合なら、近辺のシュノーケリングポイントまで船を出してくれるでしょう。ダイビングは重い器材を背負って潜らなくてはなりませんが、シュノーケリングならマスクとシュノーケルのセットと足ヒレだけでどこからでも始められます。

ほとんどのリゾートではマスクや足ヒレを貸してくれますし、ダイブショップなどでも手軽にレンタルできますから、日本で購入したり、抱えていかなくても大丈夫。ですが、何回か顔をつけてシュノーケリングを楽しむうちに、自分に合ったマスクや足ヒレを持つのもよいかなとすら思えるかもしれません。

視力が良くない人なら度の入ったマスクをオーダーメイドすることもできますし、最近ではマスクが曇らない全面タイプなど様々な種類から使いやすいものを選ぶことができます。